カテゴリ:アート( 2 )

「ライカM3」

実はバスケ部や美術部だけでなく、
写真部にも在籍してた事のある朝倉さん。

父が暗室作っちゃうまで趣味という影響も手伝ってか、
私もライカだけは撮るんですよ。

最初は、雑貨屋さんで見た(←昔っからインテリア好きなの(笑))
ロベール・ドアノーの『パリ市庁舎前のキス』という
有名な作品のポスターに一目惚れ♡

そっからですかね。
暇さえあれば、お独り様でも
じゃんじゃん写真展や絵画展へ足繁く通いつめるようになったのは^^;


・・・んなもんで、ウチのお部屋のひとつは、
びっくりする程の洋書だらけなのだ。


これは本当に初期のM3。

フランスに行ったとき、向こうのおチビちゃんを
撮影させてもらいました。

d0039608_026394.jpg


アナログとかモノクロとかっていう ゆっくりした世界観は
大好きな温泉につかった時のような、
リラックスや居心地の良さ、
そして、何とも言えない贅沢なゆとりと優雅さを与えてくれるんです。

無理に急がなきゃいけないような時代に、「ゆっくりでいいよ」って
ささやいてくれるような、

時を止めて安心感を与えてくれる
そんな存在です。

d0039608_21113662.gif

by rikorin2005 | 2014-07-11 23:59 | アート

「バルテュス展」鑑賞

上野の東京都美術館まで、
明日で終わっちゃう「バルテュス展」をあわてて観に行きました。

d0039608_11281230.jpg


朝倉さん、こう見えて
バスケ部活以外は小学校からずっと美術部部長なんです♪

バルテュスはとっても大好きな画家のひとりなの。


きっかけは、学生時代
「窓辺の少女」のポストカードを雑貨屋さんで見て、
「きゃーキターッ!!」って虜になっていったのを覚えています。


今回展示されていた作品の中で
私が一番キュンと来た一枚は「窓、クール・ド・ロアン」です。

d0039608_1133365.jpg


やっぱり窓辺の風景に弱いのかな?^^

いかにもなバルテュスの象徴である、
猫や未成熟な少女のエロスといった "攻め"な感じではなく、
穏やかで静かなこっち系なんですよね。


映画監督のフェデリコ・フェリーニと親交があった事を知り、
妙に「うんうん、わかるーっ!」って納得しちゃいました。

だって世界観がとっても近いんだもの。
ちょっとした自分のプチ発見に、なんだか嬉しくなっちゃいました♪


今日は穏やかで豊かで素敵な時間を
過ごす事が出来ました^^

やっぱりバルテュス最高ーっっ!!

d0039608_21113662.gif

by rikorin2005 | 2014-06-21 23:59 | アート